長すぎるURLを圧縮しますtiny:

2006年04月16日

道具としてのファイナンス |石野 雄一

道具としてのファイナンス道具としてのファイナンス
石野 雄一
日本実業出版社 刊
発売日 2005-08-25




こういうのが欲しかった。 2005-08-29
ファイナンスの本を何冊か読みましたが、どれも理論寄りで具体的に仕事や生活に使うためには?という部分が抜けていました。でもこの本は筆者自身の「苦労」を踏まえ、ファイナンス理論をエクセル上でシミュレーションすることで理解を深めよう、という今までありそうでなかった本です。「痒いところに手が届いている」、というのが正直な感想です。また、巻末の「参考文献」のページはファイナンスを発展的に理解したい方には有益な情報だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ビジネスは私に聞け!:細田あかり at 00:34 | TrackBack(0) | 参考書

一瞬で信じこませる話術コールドリーディング |石井 裕之

一瞬で信じこませる話術コールドリーディング一瞬で信じこませる話術コールドリーディング
石井 裕之
フォレスト出版 刊
発売日 2005-06-01




コールドリーディングはコールドセールスに通ず 2005-06-03
さらに一歩進んだスキルを身につけたい営業は必読です。私は飛び込みのセールスをやっていて、本書を読んだその日に
本書で解説されているサトル・ネガティブを使ってみました。先方の担当者が目を丸くして乗り出してきました(笑)
スムーズに次のアポを取れて、私の方が驚いてしまいました。ビギナーズ・ラックかも知れませんが、口下手の私でも使えたくらいです。本当に効果があります。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ビジネスは私に聞け!:細田あかり at 00:34 | TrackBack(0) | 参考書

売買システム入門 ?? 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ! |Tushar S. Chande /トゥーシャー シャンデ

売買システム入門 ?? 日本初!これが「売買システム入門 ?? 日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ!
Tushar S. Chande /トゥーシャー シャンデ
パンローリング 刊
発売日 2000-09




システム売買構築の必読書 2002-08-19
Ph.d トゥーシャー・シャンデのシステム構築の本。内容は非常に素晴らしい。トレードステーションのプログラムも掲載されているので、ソフトを持っている人には、検証がやりやすいと思います。エクイティカーブを線形回帰して標準誤差を求め、システムの効率性を検証するなど、非常に中身は濃い本です。シャンデ氏自身、CTAとして活躍しているので、単なる学者の本とは違い、実務者の言うことには説得力があります。ちなみにシャンデ氏に資金を託しているCPOはアクセス社のようです。非常にオススメの本。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ビジネスは私に聞け!:細田あかり at 00:34 | TrackBack(0) | 参考書

ロウアーミドルの衝撃 |大前 研一

posted by ビジネスは私に聞け!:細田あかり at 00:34 | TrackBack(0) | 参考書

7日間で人生を変えよう(CD付き) |ポール マッケンナ

7日間で人生を変えよう(CD付き)7日間で人生を変えよう(CD付き)
ポール マッケンナ
宝島社 刊
発売日 2005-06-01




私が読んだ人生系の本(読書冊数約60冊)のベスト1 2005-06-05
 読みました。すごい。私にとって、いい本の第一条件は「既読感がないこと」ですが、まず本書はその意味で極めて質が高い。著者はあらゆる成功者、成功本、幸福論、自己啓発本の類を読破研究しているようだが、それら膨大な知識は、あくまで自説の裏付けや補足としてしか引用されておらず、そこに著者の余裕みたいなものすら感じた。これだけ成功や幸福に関する本が出ている中で、これだけ新しい論説を展開することは驚異的ですらあると思う。読むこと、読むこと、すべてが新鮮な驚きをもって頭の中に刻み込まれました。
 あと、ナポレオン・ヒルも、カーネギーも言うまでもなくすばらしいが、この「7日間で人生を変えよう」はより現代的で時代にマッチしている。心理療法、催眠療法の第一人者だからこその、精神面、深層意識からのアプローチ。それはときどき出てくる「繰り返し」や、各章冒頭の「寓話」(これがなかなかウィットがきいていて面白い)、こまかな「言葉遣い」などに織り込まれているのだろう。私も購入時には「どれだけ効果があるんだろう?」と思っていたが、気がつくといつもポジティブなことばかり考えているし、同僚にも「最近、調子よくない?」などと指摘されたから驚きだ。これには少し笑ったが。
 それからもうひとつ。本書は装いがある意味、男性的だが、中身は性差問わず女性にも大きな満足を提供してくれる。ビジネスでうまくいきたい人にも、人間関係でうまくいきたい人にも、大きく得るものがある。こんなに素晴らしい本なのに、すこしもったいないなと思った。女性の立場から、ぜひ女性にもと声高くおすすめします。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ビジネスは私に聞け!:細田あかり at 00:34 | TrackBack(0) | 参考書

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則 |グロービスマネジメントインスティテュート /バーバラ ミント

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
グロービスマネジメントインスティテュート /バーバラ ミント
ダイヤモンド社 刊
発売日 1999-03


明快な文章を書くことは、明快な論理構成をすることにほかならない――。
本書は、マッキンゼーをはじめとする世界の主要コンサルティングファームでライティングのコースを教えるバーバラ・ミントが、独自の文書作成術を披露した本である。
著者はまず、多くの人がわかりやすい文章を書けないのは、論理構造に問題があるからだ、と指摘する。その上で自らが考案した「ピラミッド原則」と呼ばれる考え方を提示し、物事を上手に論理立てて述べるテクニックを伝授していく。序文で人の注意を引きつけるにはどうすればいいか、相手を説得するのにどんなロジックを用いればいいか、問題点をどうやってまとめればいいか…。文章について人々が抱くさまざまな疑問点について、それぞれ適切なフレームワークを用意している。サンプルとして用いられている事例が複雑でわかりにくいのは気になるが、その分実務でも応用可能な論理的思考の訓練ができる。
仕事で報告書や企画書を作成する必要のある人は、本書の内容を実践することで、戦略に基づいた説得が可能になるだろう。読むのに骨が折れるが、その分密度の濃い1冊だ。(土井英司)

論理は範囲である 2000-12-11
 本書はすぐれた思考・作文の方法論を解説する以上の価値をもっている。それは「論理」に対する本書の意識にある。時として、論理は物事を述べる順序だと言われる。けれど、その本質はある人が物事をどこまで明晰に見つめ考えているかにある。論理はむしろ範囲なのだ。このことをはっきり意識している本書にとって、ピラミッド・プリンシパルなど場合に応じて捨て去ることは容易い。大切なのは、物事を考える方式や考えを述べる順番ではなく、自分自身がどれだけ徹底して物事を見つめるかにあるのだから。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ビジネスは私に聞け!:細田あかり at 00:34 | TrackBack(0) | 参考書

道具としてのファイナンス |石野 雄一

道具としてのファイナンス道具としてのファイナンス
石野 雄一
日本実業出版社 刊
発売日 2005-08-25




こういうのが欲しかった。 2005-08-29
ファイナンスの本を何冊か読みましたが、どれも理論寄りで具体的に仕事や生活に使うためには?という部分が抜けていました。でもこの本は筆者自身の「苦労」を踏まえ、ファイナンス理論をエクセル上でシミュレーションすることで理解を深めよう、という今までありそうでなかった本です。「痒いところに手が届いている」、というのが正直な感想です。また、巻末の「参考文献」のページはファイナンスを発展的に理解したい方には有益な情報だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ビジネスは私に聞け!:細田あかり at 00:34 | TrackBack(0) | 参考書

絶妙な話し方の技術 |橋川 硬児

絶妙な話し方の技術絶妙な話し方の技術
橋川 硬児
明日香出版社 刊
発売日 2005-07




実践あるのみ! 2005-10-30
良書です。著者自身の実践による裏付けがあるため、一つ一つに説得力があります。
「絶妙な話し方」を学ぶための本というよりも、「自信を取り戻したい方」「おどおどしないで生きたい方」「信頼を獲得したい方」に有益なツールが詰まった本です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ビジネスは私に聞け!:細田あかり at 00:34 | TrackBack(0) | 参考書

障害者の経済学 |中島 隆信

障害者の経済学障害者の経済学
中島 隆信
東洋経済新報社 刊
発売日 2006-02-10





さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ビジネスは私に聞け!:細田あかり at 00:34 | TrackBack(0) | 参考書
banner_02.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。